ベビー食器素材選びガイド│5つの選び方のポイント、食器素材のメリット・デメリットと比較がわかる

ベビー食器おすすめEKOBO天然竹繊維食器セット

赤ちゃんに主食以外の食事を準備し始めるとき、親は赤ちゃんのための食器選びも重要な時期に直面します。ベビー食器の素材はたくさんありますが、赤ちゃんにとって最適なものはどれを選べばいいのでしょうか?選ぶ際にどのような特徴に注目すればよいでしょうか?この記事では、ベビー食器の素材選びの5つのポイントを紹介し、一般的なベビー食器の素材を比較し、最後に編集部厳選のおすすめベビー食器を添えて、ベビー食器選びのさまざまな疑問を解決します!

安全性を重視したベビー食器選びの5つのポイント

市販されているベビー用食器は数多くありますが、赤ちゃんは筋肉が未発達で食器のコントロールが難しく、ぶつけやすいため、選ぶ際には「安全性」に特に注意する必要があります。オーバーしたり怪我をしたりする。したがって、ベビー用食器を購入する際には、親は次の 5 つの重要な点に特に注意する必要があります。

ベビー食器選びのポイント1》シンプルな形

シンプルなスタイルもベビー食器選びのポイント

赤ちゃん用の食器や食器を選ぶとき、多くの親は赤ちゃんの認知能力を高めるために特別な形や色の食器を選ぶ傾向があります。ただし、ベビー食器を選ぶときは、シンプルな形状のものを主に選択することをお勧めします。ソースや主食以外の粘度の高い食品は、スプーンを使ってこすり落とすと洗いやすくなります。

ベビー食器選びのポイント2》吸水性と滑りにくい底面設計

手足の動きがまだ未熟な赤ちゃんや、特に活発な赤ちゃんが家にいると、食事中に何度も食器をひっくり返したり、食器を拾って遊んだりすることがあります。そのため、多くのベビー食器は底に吸盤が付いており、ディナープレートがダイニングテーブルに吸着され、簡単には持ち上げられないようになっています。ただし、保護者が吸盤式食器をテーブルから取り外すときは、学習能力の高い赤ちゃんが食器の取り方を覚えた後、食器の角を傾ける動作を赤ちゃんに見せないように注意してください。吸盤式食器を持ち上げると、赤ちゃんが頻繁に吸盤式食器を手に取るのを防ぐのが難しくなり、遊んだ後はそのような機能は意味をなさなくなってしまいます。

ベビー食器選びのポイント3》洗浄・消毒に耐えられるかどうか

赤ちゃんの食器の洗浄はとても大切で、食器用洗剤だけでなく食器洗い機や蒸気滅菌器、さらには殺菌力の強い紫外線などを使って赤ちゃんの食器を洗浄する親も多いでしょう。ただし、素材の違いによりベビー食器の洗浄方法や条件が異なり、間違った方法で洗浄すると、ベビー食器の寿命を縮めたり、有害物質を放出する恐れがあるので注意が必要です。購入する前に、保護者が素材に適した洗浄方法を理解することをお勧めします。

ベビー食器選びのポイント4》加熱条件の制限

一般的にベビー食器は温かいものや冷たいものを入れるのが主ですが、赤ちゃんの喉や口はまだ発達段階にあるため、熱すぎるものは避けたほうが良いでしょう。ただし、場合によっては、食品を素早く便利に加熱するために、ベビー用食器に食品を入れて加熱する必要があるため、購入前にベビー用食器が電気ポットや電子レンジでの加熱に適しているかどうかにも注意する必要があります。 。

ベビー食器選び5》環境に優しい素材

環境意識の高まりに伴い、消費行動を通じて子供たちに持続可能な未来を与えるために、多くの親も環境に優しい素材で作られたベビー用食器を選ぶ傾向にあります。近年、環境に配慮した素材として天然ポリ乳酸が主流となっています。 中でも竹繊維素材は、竹の成長サイクルが短く、成長速度が速く、植林時に農薬散布の必要がないため、近年ヨーロッパで特に人気が高まっています。一般的なシリコンやステンレス、さらにはプラスチック製のベビー食器と比べて環境への影響が少ない、環境に優しい製品の原料です。

一般的なベビー食器の素材4つ、メリット・デメリットを隠さず公開

ベビー食器選びのポイントを理解した上で、市販されているベビー食器の素材はどれがニーズを満たすことができるのでしょうか?以下では、選択する前によく理解できるように、一般的なベビー食器の素材を 4 つ紹介します。

ベビー食器の素材によってメリット・デメリットは様々です。

ベビー食器のおすすめ素材1:プラスチック

プラスチック製のベビー食器には、PP、PE、メラミンの3種類があります。中でもベビー用食器としてはPPとPEが最も一般的であり、PPはPEよりも耐熱範囲が高いです。プラスチック製のベビー食器は、軽くて持ち運びがしやすく、誤って倒しても割れる心配がなく、価格も手頃で購入しやすいのが特徴です。

  • メリット:軽量、低価格、落ちにくく壊れにくい、利便性が高い。
  • デメリット:長時間使用すると傷がつきやすく、内部に食べ物が残りやすく雑菌が繁殖しやすい。耐熱性が低く、加熱により有害なメラミンや可塑剤、環境ホルモンなどが溶け出す可能性があり、赤ちゃんの発育や環境に悪影響を与える可能性があります。冷たい食べ物を入れるのに適しており、半年ごとに交換する必要があります。

ベビー食器のおすすめ素材2:シリコン

シリコーンの素材は天然鉱物である二酸化ケイ素を原料とするため、毒性がなく、重金属を含まず、赤ちゃんにとって非常に安全な素材であり、赤ちゃんのおしゃぶりの多くも食品グレードのシリコーンで作られています。食品グレードのシリコンは弾力性が高く、折り畳むのが簡単で、持ち運びに非常に便利です。ただし、シリコン表面は臭いや傷が残りやすいため、スチールブラシや植物性の布を使用して掃除することは避けてください。

  • 利点:非毒性、高温耐性、最大耐熱性は摂氏200度以上です。
  • 欠点:表面に気孔があり、臭いが染み込みやすく、色移りしやすい、粗い洗浄用具(スチールブラシ、野菜ぞうきんなど)を使用すると素材が劣化しやすい。

ベビー食器のおすすめ素材3:ステンレス

ステンレス食器は日常生活に広く浸透しており、丈夫で熱に強く、臭いがつきにくいため、赤ちゃんの食器に最適な素材です。ただし、ステンレス製の食器を使用する場合は、熱い食べ物を提供しないようにするか、赤ちゃんのやけどを防ぐために外側の素材で覆われた食器を選択してください。選択するときは、304 または 316 食品グレードのステンレス鋼を選択するのが最善です。

  • 利点:食べ物の匂いが残りにくく、掃除が簡単で、落ちるのを恐れません。
  • 短所: 熱伝導率が良いため、口や手を火傷しやすい; ステンレス製の食器には黒い油の残留物が含まれている可能性がある; 初めて使用する前に白酢や生地を使用してきれいにするのが最善である; 強アルカリまたは強力な酸化化学洗剤は使用しないでください食器をきれいにするため、化学物質の生成を避けるため。

ベビー食器のおすすめ素材4:竹繊維

バンブーファイバーは、近年ヨーロッパで人気の天然素材で、竹本来の繊維から作られており、リサイクル・分解が可能で、製造過程でBPA 、PVC、重金属などの有害物質は添加されていません。 。竹繊維特有の抗菌作用と相まって雑菌の繁殖を抑える効果があり、ベビー食器に最適なおすすめ素材です。

  • 利点:リサイクル可能で分解可能、環境に優しく、有害物質を含まず、竹には天然の優れた抗菌効果があります。
  • 短所: 購入する際は、プラスチックと混合された竹繊維製品の購入を避けるために、素材が 100% 天然素材であるかどうか、または関連する食品安全認証を取得しているかどうかに注意する必要があります。

ベビー食器素材比較表|電子レンジと耐熱レンジをまとめて分別

上記4種類のベビー食器の素材をまとめて比較し、耐熱温度、電子レンジ可、電気鍋加熱可、お手入れ方法などをまとめて、ベビー用品を購入するパパ・ママが安心して使えるようにまとめました。初めて食器の素材を考える方はこれを読めば、表を見るだけで何を選べばいいのかが分かります。

ベビー食器素材比較表

おすすめ子供食器ブランド|Banfubi EKOBO 天然竹繊維食器セット

さまざまなベビー食器の素材の特徴が分かったところで、ベビー食器の選び方に悩んでいませんか?ナチュラルな子供食器ブランドのおすすめはこちら! EKOBOは、赤ちゃんが環境とともに成長できるよう、環境に優しい製品をデザインすることに特化した、フランス・パリ発の環境に優しいベビー用品・家庭用品ブランドです。

EKOBOが開発した天然竹繊維食器セットは、FSG森林管理協議会によって認証された天然竹繊維で作られており、FDAのテストとドイツのLFGBによる最高の炻器グレードの認証に合格しており、天然の無毒な原材料は優れた特性を持っています。抗菌効果があり、毒性はなく、有害物質は添加されていないので、赤ちゃんが食べても安心です。

おすすめ子供食器ブランド | フランス EKOBO 天然竹繊維子供食器 4 点セット | 一口ごとに赤ちゃんに安心を

参考文献:

EKOBOは愛情込めて作る、世界中のお母さんから信頼される子供食器ブランド

妊婦さんは注意!ベビーダイニングチェアのメリットと選び方のポイントを一度にマスターして、楽で安心な子育てをしましょう。


ベビー食器素材選びガイド│5つの選び方のポイント、食器素材のメリット・デメリットと比較がわかる