トイレの使い方を覚えるとどんなメリットがあるのでしょうか?トイレの種類と使い方を知って、赤ちゃんのおむつ離れをスムーズにしましょう。

トイレについて学ぶメリット

赤ちゃんが成長すると、親は早く赤ちゃんを一人でトイレに行かせ、おむつを外したいと思うでしょうが、おむつに慣れた赤ちゃんはどうやってトイレに慣れさせればよいのでしょうか。 「ラーニングトイレ」は、赤ちゃんのおむつから歩いてトイレに行けるようになるまでのお手伝いをするもので、赤ちゃんの使用に適しているだけでなく、赤ちゃんのトイレに行く良い習慣を身に付けることもできます。学習トイレにはさまざまな種類が販売されており、選び方や使い方のコツもあるのですが、この記事では、保護者がより使いやすい学習トイレを見つけるために、学習トイレを利用するメリットやポイント、活用方法などを整理していきます。おむつは比較的簡単です。

おむつをやめるときになぜトイレを覚える必要があるのですか? 学習トイレを使うメリットの3つのポイント

学習用トイレ、学習用パンツ、幼児用便座など、おむつをやめる方法はたくさんあります。では、なぜ赤ちゃんのおむつの代わりに学習用トイレを選ぶ必要があるのでしょうか。学習トイレには多くのメリットがあり、便利であることが主な理由ですが、学習トイレを利用する3つの大きなメリットについてさらに詳しく説明します。

トイレ学習のメリット1:実際のトイレと形が似ている

トイレについて学ぶメリット

学習期の赤ちゃんは大人の一挙手一投足を真似するのが好きで、例えば大人がリモコンや携帯電話などを持っていると、興味本位で手に取りたくなるため、大人がトイレに行くときに、赤ちゃんは大人の一挙手一投足を真似するのが好きです。赤ちゃんが真似したくなるきっかけにもなります。トイレに座っているように見え、学習用トイレはトイレの原型を縮小して作られています。このようにして、赤ちゃんは親のトイレの動きを見て、慣れ始めることができますトイレに行くときは学習トイレに座ってください。

トイレの使い方を覚えるメリット2:赤ちゃんに特別な感覚を与えられる

通常、学習トイレを使い始める年齢は2歳頃ですが、この時期の赤ちゃんはすでに「所有」や「 所有」の概念を持っており、親や教師も赤ちゃんに共有することを学ぶ必要があることを教えます。学習トイレは赤ちゃんの専用物になります。所有物であり、自分だけが使えるアイテムなので、赤ちゃんの独占感が高まり、学習トイレが好きになり、学習へのモチベーションも高まります。一人でトイレを使えるようになります。

学習トイレのメリット3:携帯に便利

赤ちゃんがおむつを替えてトイレを覚える時期は、膀胱括約筋や肛門出口のコントロールがうまくできなくなりやすいため、赤ちゃんがトイレに行きたいという意思表示をしたときに、次の瞬間におしっこや排便をせずにはいられないことがよくあります。赤ちゃんの自信が損なわれないように、便利で移動可能な学習用トイレを赤ちゃんの近くに置くと、赤ちゃんが排尿や排便をする必要がある限り、すぐに学習用トイレを見つけて使用することができます。尿意を我慢できる時間を少しずつ延ばしていくと、排尿の必要性が減ります。

赤ちゃんに最適な学習トイレを見つけるための学習トイレ選びの 5 つの主要な側面

かわいい形や大容量のおまる、赤ちゃんの好奇心をくすぐる多彩な機能など、最近の学習トイレはさまざまなタイプがありますが、どのような要素を考慮して学習トイレを選べばいいのでしょうか?学習用トイレの選び方トップ5をご紹介しますので、親がさまざまな面から検討して赤ちゃんに最適な学習用トイレを見つけてください。

トイレの選び方を知る1:素材は快適か?

赤ちゃんの肌は大人よりもデリケートなので、トイレは肌に優しく、無毒で、座ったときに冷たくない素材で作られている必要があります。さらに、便座のデザインは、赤ちゃんが座ったり座ったりするときの動きや不安定さによって怖がらないように、赤ちゃんがずれることなくしっかりと座ることができるように、子供に適した摩擦と人間工学に基づいたデザインを備えていなければなりません。トイレに行くと拒絶反応を起こし、学習意欲がなくなる。

トイレの選び方2:安定していて倒れにくいか?

赤ちゃんが学習トイレに座っているとき、足が地面に着かないことがあり、トイレに立つときに飛び降りたり、介助してよじ登ったりする必要があるため、学習トイレの安定性は非常に重要です。固定された滑り止めのデザインは、安全性を高めるだけでなく、赤ちゃんの落下を防ぐことができます。

トイレの選び方3:模擬トイレの機能を学ぶ

トイレの選び方を学ぶ

学習トイレは、赤ちゃんがトイレの使い方を学ぶための学習ツールで、大人が使っているトイレに似ているほど、赤ちゃんは興味を持ちやすいので、流すボタンや流す音などの機能が付いています。 、トイレットペーパーの配置など、赤ちゃんの学習トイレへの興味を高め、おむつ交換から学習トイレへの取り組みを始めやすくします。

トイレの選び方4:分解性とアクセスのしやすさを学ぶ

赤ちゃんの膀胱容量はまだ成長途上にあるため、水分補給やトイレトレーニングの際に学習トイレの使用頻度が高くなりますが、その際にはトイレの分解設計が非常に重要になります。繰り返し掃除をする保護者の利便性と効率が向上します。さらに、深めのデザインの大型トイレがあれば、赤ちゃんが使用するときにあふれたり飛び散ったりするのを防ぐことができ、練習プロセスが「きれい」できれいになります。

学習トイレの選び方5:学習能力で選ぶ

赤ちゃんがトイレに行きたいという意思表示をし始めたら、おむつ着用から自分でトイレに行くように切り替える学習トイレが良い選択です。大人用のトイレを使うことで、赤ちゃんが自分でトイレをしたり、自分でお尻を拭いたりすることにどんどん近づくことができます。

3種類の学習トイレのご紹介

学習トイレには「座り学習トイレ」「またがり学習トイレ」「幼児用補助便座」の3種類が販売されていますが、保護者の方はこの3種類の違いをご存知でしょうか?以下にそれを紹介します。

1. 座り学習トイレ

座り式学習トイレは通常のトイレに最も似たタイプですが、最大の違いは、通常、赤ちゃんの尿漏れを防ぐために便座の前に小さなバッフルデザインがあることです。座り型学習トイレの利点は、親がトイレに行ったときに、赤ちゃんが1つのことを学ぶことができ、最適なタイプの学習トイレを直接真似できることです。

2.またがり学習トイレ

またがり型学習トイレは、足を広げて座る構造になっており、赤ちゃんがまたがって座る際の転倒・転落を防ぐために、さまざまな特殊な形状や補助グリップが付いているのが一般的ですが、通常の学習トイレとは異なります。大きいので、またがり式の学習用トイレから普通のトイレに変える場合、赤ちゃんが慣れるまでに時間がかかります。

3.幼児用補助便座

幼児用補助便座は、赤ちゃんが寄りかからずにトイレに座ることができるように、通常のトイレに置かれるクッションです。通常、赤ちゃんがトイレに足を踏み入れることができるように小さなスツールが装備されている必要があります。赤ちゃんを抱っこしてトイレに座らせますが、赤ちゃんにとって自分でトイレに行くのはさらに難しいので、座って学習トイレやまたぎ学習トイレから始めることをお勧めします。その後、補助便座に進むことができます。これは、より段階的なトイレトレーニングの方法です。

トイレの使い方をとても簡単に学び、赤ちゃんがおむつを簡単に外せるようにします。

親にとって、赤ちゃんのおむつ離れはいつも面倒ですが、正しい方法を使えば、赤ちゃんがおむつを履いてからトイレを覚えるまでは、とても簡単で早いです。トイレの使い方を学ぶ方法について!

1.一般トイレの近くに設置する

学習用トイレを普通のトイレの近くに置き、最初は親がトイレをするのを見て赤ちゃんがトイレに慣れてから、自分で学習用トイレを使い始めます。トイレには「流すボタン」があり、押すと水が流れる音がすることを知れば、赤ちゃんの学習意欲も高まり、トイレ使用後に流す習慣も強化できます。

2. 排尿したい、排便したいという欲求を表現する練習をする

赤ちゃんにトイレに行きたいと伝えるときは、まず「おしっこしたい」「排便したい」などと伝えてください。トイレを覚える前に、赤ちゃんが親に伝えてください。そして両親は赤ちゃんを学習用トイレに連れて行き、トイレを使用します。赤ちゃんは通常、学習用トイレに行く前におしっこや排便をしますが、このとき、親は責めるのではなくコミュニケーションをとり、赤ちゃんに「大丈夫」と知らせ、おむつの紐を解き、赤ちゃんを座らせなければなりません。学習トイレ、赤ちゃんができるまで待つ トイレに慣れてトイレの使い方を覚えたら、赤ちゃんは徐々に習慣を身につけ、上達していきます。

3. おむつを着用する時間を減らし始めます

赤ちゃんがトイレに行きたいという意志を明確に表明し始め、一定期間学習用トイレを使用できるようになったら、家ではおむつを外し始めて、赤ちゃんが耐性を練習し、1日にトイレを使用できるようにすることができます。ただし、夜寝るときはおむつを着用するか、学習パンツを使用して、徐々におむつを着用する時間を減らし、徐々におむつを着用する必要がなくなることをお勧めします。

学習トイレのススメ | バンフビ【LOVON】シミュレーション学習小型トイレ

【LOVON】小さなトイレ学習をシミュレーションし、赤ちゃんのトイレトレーニングに最適です。

親たちは、赤ちゃんをおむつからうまく離す方法をまだ心配していますか?実際、赤ちゃんの好奇心と学習意欲が掻き立てられている限り、おむつから学習用トイレへの変化は非常に自然な変化になります。台湾の現地母子ブランド「Banfubi 」が発売した模擬学習小型トイレ「LOVON」は、大人用トイレに似た見た目だけでなく、柔らかく肌に優しいPP素材のシートと滑り止め機能も備えた、模擬学習型小型トイレがおすすめです。底面デザインなので安心・安全にお使いいただけます。リアルな水流効果音とLEDライトの点滅ボタンを搭載しており、赤ちゃんは自分でトイレを使うことを学びながら、トイレ使用後に水を流す良い習慣を身につけることができます。

また、Banfubi は国内外の環境に優しい食器、天然竹繊維食器、冷却クッション、その他の優れた育児用品も数多く提供しており、台湾の母親の声を最もよく理解する母子ブランドです。

参考文献:

なぜ竹繊維の子供用食器が国内外で人気が高まっているのでしょうか?

おむつをやめるのは何歳くらいが適切ですか? 3つのポイントをマスターして、赤ちゃんの発育に合わせたおむつなしの方法を見つけてください。


トイレの使い方を覚えるとどんなメリットがあるのでしょうか?トイレの種類と使い方を知って、赤ちゃんのおむつ離れをスムーズにしましょう。