離乳食の補給方法は?

 

2007年に保健省が公布した「中国居住者のための食事ガイドライン」では、乳児は生後6か月から徐々にいくつかの補完食品を追加する必要があると指摘しています。

01

補完食品を加える順序

シリアル食品(鉄分入りビーフンなど)→(野菜ジュース)野菜ピューレ→(フルーツジュース)フルーツピューレ→動物性食品を加えます

動物性食品を加える順序は、卵黄ピューレ、魚ピューレ(骨と背骨を取り除く)→エビピューレ→全卵(蒸し卵など)、全レバーピューレ→動物の血のピューレ→ひき肉。

食べ物の形を加える順序:食べ物は徐々に粗くなり、最初はどろどろの食べ物(ライスシリアル、野菜ピューレ、果物ピューレ)→腐ったお粥、腐った麺、刻んだ野菜、刻んだ果物→柔らかいご飯、柔らかい麺、小さな餃子、小さなワンタン 柔らかい固形食品を待ちます。

02

補完的な食品を追加する原則

乳児の成長と発達、食物に対する適応性と好みには一定の個人差があるため、補完食を追加する時間、量、速度は乳児の実際の状況に応じて柔軟に制御し、段階的原則に従う必要があります。一歩ずつ。

(1) 1 種類から複数種類へ: 1 種類のフードを 1 種類ずつ追加します。フードを追加するたびに赤ちゃんの消化状況を観察し、赤ちゃんがそれに慣れてから新しいフードを追加します。

(2) 少量から多量まで:乳児の栄養ニーズと消化管の成熟度に応じて、補完食の添加量を決定する必要があります。米粉は1日1回5グラムから始めて、子どもがよく消化した後、徐々に量と頻度を増やし、1~2回の母乳や粉ミルクを徐々に補完食に置き換えていきます。母乳育児をやめる目的。

(3) 薄いものから厚いもの、細かいものから粗いものへ:液体食品→半液体食品→柔らかい固形食品→固形食品、例えば米穀→腐ったおかゆ→粥→軟飯など。フードの形状は、調理用水→細かい野菜ピューレ→粗めの野菜ピューレ→刻んだ野菜や茹でた野菜など、細かいものから粗いものまで与えます。

(4) 幼児食は、 1歳のうちは砂糖控えめ、塩分控えめ、調味料控えめで、いろいろな食べ物を試してみるのがおすすめです。加える食品は新鮮なものを使用し、調理過程では衛生に注意し、すぐに調理して食べ、食べ残さないようにしてください。

(5) 子どもたちが自分で食べるように促し、良い食習慣を身につけさせます。小さなスプーンを使って子供に食事を与え、子供が手で食べられるようにしてから、スプーンを使って食べることを学び、子供の手と目の調整と細かい動きをさらに訓練することをお勧めします。

(6) お子様の成長と発達を定期的に観察してください。

補完食は子供が健康なときに導入する必要があります。添加の際は、お子様の消化能力を十分に観察し、嘔吐、下痢、体調不良などの消化不良が生じた場合には、症状が消えるか病気が治癒するまで添加を延期し、少量から添加してください。子どもが健康ではないと誤解しないでください。慣れてしまえば、補完食を追加する必要はなくなります。また、子供が特定の食べ物を食べたがらない場合は、無理に食べさせないでください。そうしないと、子供の嫌悪感を引き起こし、期待された目的を達成できなくなります。子供が喉が渇いたら新しい飲み物を追加し、子供がお腹が空いたら新しい食べ物を与えるのが最善です。また、この時期の赤ちゃんの舌を押す反射はまだ消えておらず、口に運んだ食べ物を吐き出すことがありますが、これは新しい食べ物の拒否反応とは言えませんので、赤ちゃんが徐々に食べられるようになるまでは、親が授乳を続ける必要があります。飲み込む。 。

03

具体的にはこんな感じにアレンジできます

生後6か月:母乳または粉ミルク800ml。ピューレ状栄養補助食品:ライスペーストジュース(フルーツピューレ)、野菜ジュース(野菜ピューレ)、卵黄ペースト、魚肉ペースト、エビペースト、レバーペースト。

生後7~9ヵ月:母乳または粉ミルク800ml。補完食として、腐った麺、軟飯、細切り野菜、薄くスライスした果物、ひき肉、全卵などの半固形食品を与えてください。

生後10~12ヵ月:母乳または粉ミルク600ml~800ml。補助食として、小団子、小ワンタン、ゆで野菜などの柔らかい固形物を与えてください。

子供が卵にアレルギーがある場合、または一部の子供が乳タンパク質にアレルギーがある場合、多くの場合、卵にもアレルギーがあります。このような子供たちの場合、卵、特に全卵の導入は、1 歳以降、さらには 2 歳以降まで延期される可能性があります。