捕まえた昆虫を放すのと同じように、私たちの子供への愛は、彼に自由を与えてあげることです。

LOVONer Part 1 LOVON × ドキュメンタリー監督 ジェリー&アイリン&レオ

家族構成:父ジェリー、母アイリン、息子レオ2歳半

昆虫観察に最適なスポット:衡山書道芸術公園

LOVONの撮影チームがジェリー監督と合意したその日、たまたま台風に遭遇したが、ジェリー監督の熱意とエネルギーに一目で感染し、誰もが空の暗雲がこちらに向かっているのを忘れていた。撮影開始直後に大雨が降ったので、撮影を中止して雨宿りをしたのですが、雨が少し弱まると真っ先に屋根から飛び出したのがレオで、周りの大人数名が心配していました。雨に降られたり、風が吹いたりするかもしれないが、ただかっこよくスクーターに乗りたいだけなのです!
外で走り回るレオを見たら、両親はレオを安全で暖かい部屋に連れて帰り、休ませて落ち着かせたいと思うのではないでしょうか?ジェリー氏は、差し迫った重大な安全上の懸念がない限り、彼がやりたいことを意図的に禁止する可能性は低いと述べた。
アイリンはまた、子供たちは皆独立した「小さな人間」なので、自由に世界を探索し理解させてくださいとも言いました。親がすべきことは、子どもがすべてをやり遂げるのを手伝うのではなく、世界を探索したり問題を解決したりするのに同行し、導くことです。
アイリンの職業はガラス工芸のデザインですが、主な介護者である母親が創造的で芸術的なエネルギーに満ちているためか、獅子座には自由と衝突を追求する勇気がたくさん見られます。初対面の挨拶をするときも、草原を一人で探索するときも、スクーターに乗って転ぶときも、まったく躊躇や臆病を感じさせなかった。しかし、バッテリーが満杯になったと感じたとき、彼に落ち着く時間はあるのでしょうか?撮影チームがカフェで両親とおしゃべりしている間、レオは脇に座ってお気に入りの絵本のひとつ、『バッグス・ホテル』をめくっていました。
また、エイリンさんは、絵本やおもちゃ選びの好みについても教えてくれました。いつも元気いっぱいの子どもたちを落ち着かせるには、「インタラクティブな仕組み」のある本を買ってあげるのが一番です。最初は一緒に本の内容を読んだり、あなたが理解できる言葉や認識できる言葉を読み上げ、本の中の絵や仕組みに集中させれば、子どもはより簡単に落ち着きます。
絵本の他に、積み木を積むおもちゃもレオの仲良しです! 想像通りにバグズホテルを建てさせたり、父親に怪物のふりをして家の住人を襲わせたり、ジェリーのナレーションを聞きながら、 make you happy 刺激的で楽しい親子時間を体験してください!
(お母さんは虫捕りに関してはレオの一番のチームメイトです!でもお父さんは物語の中では悪役です(え?))
私たちがおしゃべりをしている間、レオは母親のアイリンを連れて芝生の上に2、3分間しゃがみ、急いで戻ると、手に持っていた透明な瓶の中にヤスデを捕まえることに成功しました。おそらく、両親が時間の許す限りレオを外出に連れて行ってくれるため、レオはその周りを這うあらゆる種類の生き物に興味を持ち、恐怖心を感じなくなっているのでしょう。
ジェリーさんは、日常的に旅行に行ったり、ベビーカーを頻繁に折りたたんだり広げたりする必要がない場合は、ポケットタイプのベビーカーを使用することをお勧めします。ベビーカー自体は軽いですが、折りたたむ手順が少し複雑なので、オープンで広く、実行可能な会場。移動が長い場合、レオは休憩や睡眠のためにベビーカーに横になる必要があるかもしれないので、より大きなヨーロッパの水槽を選択します。
この 2 つの状況の間で、必要なときに安全に横になれるが、階段や屋内に行く可能性があり、頻繁に車を片付ける必要がある場合、ジェリーが最初に推奨するのはLOVON MAGICです。片手で一瞬で折りたためる便利さは、レオのような元気な赤ちゃんを連れて出かけるのに非常に実用的です。次の瞬間に子どもが激しく走り出すかどうかを予測することは困難ですが、すぐに車を閉めて片手で持ち上げて、子どもの猛スピードについていくことができます。
(はい、このような急な運転状況では、ベビーカーを置いて前に進む必要があるかもしれません。)
最後に、私たちはジェリーとエイリンに、他の新米親たちに何か励ましやアドバイスができるか尋ねました。二人とも口をそろえて「子どもに付き添い、育てる上で最も重要なことは忍耐です。子どもたちは独自の独立した心を持っています。」と答えました。子どもたちには独自の考えがあるので、親は過度に画一化したり束縛したりせず、子どもたちなりの方法で学び探求させてあげるように努めるべきであり、それが親たちの同意であり、他の親たちに最も伝えたいことです。

スペシャルサンクス/ レオランド
他のLOVONerの共有をご覧ください:

著者/MuelKuo / 写真家/Nick